FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←明けおめでござんす(^ω^)♪ →先月の大イベント(今更ながら・・・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [明けおめでござんす(^ω^)♪]へ
  • [先月の大イベント(今更ながら・・・)]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

総集編【紅の夜と不殺の牙】

総集編【紅の夜と不殺の牙】第二話

 ←明けおめでござんす(^ω^)♪ →先月の大イベント(今更ながら・・・)
20110825_002.jpg



-ファイルアクセス-

-コード入力確認-

-機密ファイル・X03解凍-


仁は、明菜から渡された端末からまとめたデーターを引き出す
そして、その中を目を通して行った・・・


私は、彼女達『レッドナイト』を見て、六つの出来事を記す
まず初めに、これは私が見たものであり、聞いたものだ
あくまで第三者の考えでまとめる事を、許してもらいたい
では、『第一の仕事』についてだ
その前に一つだけ訂正を入れさせていただく
これは、私が見た最初の仕事である
なので、ここでは『第一の仕事』と付けさせてもらう
それでは本題に映る

依頼主は、都内にある学院『月夜学園』その初等部に在籍している『速水アリス』
依頼内容は、父親を助けてほしい
事の発端は、少女の父親『速水芳樹』が無実の罪でSSGに掴まったことが発端である
速水芳樹は、セキリュティー関連のエンジニア
だが、数日前に芳樹氏が作り出したシステムに欠陥が見つかった
それは、ハッキングによる情報が外部に流出で発覚した
結果、芳樹氏は欠陥品を販売したという事でSSGに捕まってしまったのである
SSGの考えでは、「速水芳樹がワザと外部に情報を漏らした」と考えての行動だったようだ
しかし、そのシステムは芳樹氏が作ったものではなかった
その事に、気がついた他のエンジニアがSSGに掛け合ったが「証拠不十分で、釈放出来ない」の一手張り
アリスは、父が無実で捕まった事をエンジニア達の話を聞きアリス自身もSSGに掛け合ったが、答えは変わらなかった
そこで探偵を雇い、無実を証明してもらおうと依頼することになった
だが、その依頼を受けた探偵は急に消息を立ってしまった
アリスは、頼る者が無くなってしまった
そんな時だった、他の探偵事務所を当てにして行った際に
『“ここ”へ連絡するといい、きっと力になってくれる』
と言われ、ある連絡先を教えられた
それが、『始末屋:レッドナイト』への連絡先
まぁ、訪ねた探偵事務所が裏と表の仲介役をやってる業者だったから、知っていたのであろう
本来表からは、『知られるはずもない連絡先』裏の連絡先なのだから
後に聞いた話だが、その仲介役曰く

『彼女達なら、適任だ・・・そう思ったから、教えたのさ』
『最も、引き受けるかどうかは別問題だがね』

との事だ
まぁ、それなりに有名な仲介人だけあってか、彼女達が引き受けることも予測していたのであろう
始末屋『レッドナイト』の執行者『ブラッディー』は、今回の一件を引き受けることにした
そして今回の一件を調べたのが、始末屋『レッドナイト』の頭脳ともいえる凄腕ハッカー『フェイ』
探索結果は、今回の一件の主犯格ともいえる組織
裏社会の人身売買を行っている会社、『メルティア』
メルティアは、以前に速水芳樹の開発したシステムによって売買が失敗
かなりの不利益を出していた
そこで、芳樹を無実の罪で陥れようと計画したのだった
だが、本来であれば裏社会の人間がSSGにまで影響を与える事は出来ない
でも、彼らメルティアのボスはSSG内部の人間
故に、情報操作や証拠隠滅など事は軽くやってのけてしまう
レッドナイトの二人も、警戒はしていたのだが、速水アリスを誘拐されてしまう
まぁ、誘拐現場にブラッディーが居たのであれば状況は違ったのであろう
その頃ブラッディーは、別件で居なかった
ゆえにフェイ一人では、どうにもならない状態だった
最も、アリスを誘拐した連中含め、メルティアに所属していた連中はブラッディーの手で撃ち殺された
正直、恐ろしいほどの強さだった
ただ、気になる事がある
あの時・・・彼女の右目は緑色の波紋を映し出していた
そればかりか、私の目にも映らぬ速さ、圧倒的な破壊力を見せつけた
普段の彼女からは、信じられない程に
戦闘に入った瞬間に、性格が急変、眼の色(獲物を狙うという意味)が変わる者は、私も知っている
だが、あんな風に眼の色が変化し、戦闘能力が激変する人は・・・・・裏では初めて見た
もしかして、彼女は・・・・

いや、今は止そう
今回の一件は、メディアの目にも止まる事になりSSGも始末屋や裏社会に関してある程度の内容を説明するという事態になった
しかし、始末が完了した際のSSGの動きの速さ
これに関しては、今までにない機敏な動きだった
我々も気をつけるべき部分である
そして、依頼主である速水アリスと、速水芳樹はSSGが改めて調べた結果、無罪となり釈放
今も、この街で生活しているらしい


仁は、初めの内容を全て観終って少し考えを巡らせていた

仁「(なるほど・・・裏の世界には少々似つかわしくない優しさを持った連中だな)」
 「(昔の私なら、興味も持たなかった)」
 「(だが、何故かな・・・・悪くないと思ってしまうな)」
 「(しかし、この最後の内容)」
 「(これは・・・・・・・まさか?)」

その疑問を浮かべつつ、仁は次なるファイルを開く


続く
スポンサーサイト
  • [明けおめでござんす(^ω^)♪]へ
  • [先月の大イベント(今更ながら・・・)]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [明けおめでござんす(^ω^)♪]へ
  • [先月の大イベント(今更ながら・・・)]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。